風力発電を始めるにあたり最低限知っておきたい9つの物件確認方法

風力発電ネット
お問い合わせはこちら
03-6264-7360

悪徳物件にご注意

warning

トップ > 悪徳物件にご注意

悪徳物件にご注意.jpg

「美味しすぎる話にはワケがある」・・・。

風力発電の中でも小型風力発電は比較的投資しやすい物件ともいえますが、あまりにも安すぎる物件に投資して、結果的に年間売電収入が見込めないようでは本末転倒です。

また目に見えない別途費用が掛かり、結果的に収益どころかマイナスになってしまっても同様です。
同じ風力発電の事業者としてお客様にはそういった悪徳物件を持って頂きたくない。
そういった想いでこのページをご用意しました。一部の情報ですが参考にして頂ければ甚大です。

こんな物件は要注意 ~要注意ワード~

販売価格には何が含まれ、何が含まれていないのかを確認する必要がございます。
高利回りをうたっていても、ケースが多々ございます。

当社は下記の注意点等をクリアしております。


連系負担金が別料金
※写真はイメージです。

連系負担金が別料金

連系負担金とは、風力発電事業を始めるにあたり、電力会社に支払う工事代金のことです。1区画あたり平均60万円ほどですが、場所によっては200万から300万円をになることもあります。

※サンライフ興業の風力発電は連携負担金コミの価格になりますのでご安心下さい。


フェンスや防草シート等の別料金 有料

フェンスや防草シート等が別料金。もしくは有料。

フェンスや防草シートが別途有料オプションの業者もございます。フェンスがないと保険がおりないケースもございます。山の中の物件でも、フェンスは必要と考えます。きちんと内容はしっかり確認しましょう。

※サンライフ興業の物件は全てフェンスの材料費・設置費用コミですのでご安心下さい。


造成や調査費、申請代行等 別料金

造成や調査費、申請代行等が別料金。

造成費を、別途有料オプションにしている業者もございます。
また、調査費用や申請代行費用として、別途請求されるケースが多々ございます。

※サンライフ興業の物件は造成や調査費、申請代行の手数料コミですのでご安心下さい。


その他注意すべき内容


地目が農地

地目が農地

風力発電の設置場所が農地の場合は、農地転用と地目変更をする必要がございます。

届け出を出さず農地に設置した場合、原状回復義務が生じます。また、農地から雑種地などへ地目の変更をしないと、所有権は仮登記となります。


風況をチェックしよう

風況をチェックしよう

タービンの高さも然ることながら、風況は一番重要なポイントとなってきます。海沿いだからと言って年間風速が強いとは限りません。

NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)のホームページで年間の風速がピンポイントで確認ができるため、物件概要を見た時に風速(風況)をチェックしましょう。(外部リンク:NEDO 局所的風況予測マップ


太平洋側の物件の場合は風局をキチンと確認しておこう

全国的に青森県は風速が強い地域でもありますが、同じ青森県でも日本海側と太平洋側で風力が異なります。

もしそれが太平洋側の物件だった場合は、NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)が公開してる局所的風況予測マップで確認しましょう。


近くに民家があるかどうか確認しよう

風力発電は80mを離さないと音がします。民家が近くにあると騒音被害をもたらす為、風力発電の開始にあたりましては近隣住民との調整などが事前にないと、設置後のトラブルが懸念されます。

※サンライフ興業では地域関係者と良好な関係を構築できるように十分に配慮しております。


管理体制を確認しよう

20年間安定的な売電収入を確保できるようにするにはしっかりした管理体制が必要です。 物件の電力会社管轄が東北電力、北海道電力の場合は、定期的な検針報告をする必要があります。キチンと検針してくれる会社を選びましょう。

※サンライフ興業では保守・管理に於いて当社スタッフが検針を行います。


スタッフ

お気軽にお問い合わせください。

導入にあたって、製品の内容、利回りや売電収入や保証内容から
アフターフォローなど色々と不安な点やご不明な点などあるかと思います。 些細な点でもお気軽にお問い合わせ下さいませ。

メールでのお問い合わせ

24時間受付中です。いつでもお問い合わせ下さい。

無料相談はコチラ

お電話でのお問い合わせ

お急ぎの方はお電話にてお問い合わせ下さい。

TEL.03-6264-7360

PAGE TOP

© 2014,. SUNLIFE-INC All Rights Reserved.