風力発電投資に関するコラム

風力発電ネット
お問い合わせはこちら
03-6264-7360

風力発電投資に関するコラム

column

トップ > コラム > > 風力発電投資はローリスク・ハイリターン?何年で元が...

カテゴリ

風力発電投資はローリスク・ハイリターン?何年で元が取れる?

風力発電投資はローリスク・ハイリターン

手堅い投資方法の1つとされる風力発電ですが、実際はどれほどの費用対効果が得られるのでしょうか。風力発電に関心を持っていても、設置した発電機の場所に風が吹かなくなったり、自然災害が起こったりするリスクを心配される方もいます。

今回は風力発電投資がローリスク・ハイリターンと言えるのか、投資費用を回収するまでにどの程度の期間を必要とするのかを見ていきます。

風力発電で考えられるリスク

リスクについては、事前に慎重に検討して投資の判断材料にすべきです。風力発電にもリスクは存在します。風力発電で考えられる主なリスク要因として、以下の5つが挙げられます。ただし、リスク要因と対処方法を把握しておけば、リスクを下げることが可能です。

【リスク1】風が吹かない

風力発電設備の設置予定場所周辺の年間風量を調べる。

投資先を選ぶ際には、十分な風が得られるか専門家に確認すると良いでしょう。

【リスク2】設備の安全性

設備メーカーに設置場所と設備の安全性を確認する。

【リスク3】騒音・振動の発生

設置場所と居住地域の距離を考慮して影響を予測する。

【リスク4】自然災害による設備の損傷

設置場所において台風・地震・水害など、自然災害の発生頻度を確認する。

【リスク5】バードストライク(鳥の衝突)や飛行体による設備の損傷

設置場所周辺の自然環境や飛行体の飛行ルートを確認したり、設備に鳥よけや警告灯などを設置したりする。

投資の元が取れるまでの期間

投資の元が取れるまでの期間

20kW未満の小型風力発電は、再生可能エネルギーの「固定価格買取制度」により55円(税抜)/kWhで20年間買取保証されます(2016年4月~2017年3月までに設備認定を受けた場合)。単純な状況を仮定して、何年で投資の元が取れるのか計算してみましょう。

例えば、定格出力が20kW、定格風速が秒速8m、つまり秒速8mの風が1時間吹いたときに20kWhの電力を生み出す発電設備を導入したと仮定します。秒速8mの風が24時間、365日吹いた場合の年間発電量は、「20kWh×24時間×365日=17万5,200kWh」です。

1kWh当たり55円で売電できるため、年間売電価格は「17万5,200kWh×55円=963万6,000円」となります。

  • ※定格出力:指定された条件下で機器類が安全に達成できる最大出力のことです
  • ※定格風速:風力発電設備が最大出力を発揮できる風速をいいます

また、発電設備運用に伴うランニングコストが、一般的に1kWh当たり9~12円かかると言われます。ここで年間ランニングコストを10円/kWhと仮定したとき、トータルの年間ランニングコストは「17万5,200kWh×10円=175万2,000円」です。

したがって、年間利益は、年間売電価格から年間ランニングコストを引いて「963万6,000円-175万2,000円=788万4,000円」と求めることができます。

初期投資額が2,000万円の場合、約3年で元が取れる計算になります。

ただし、今回の試算は、あくまでも理想的な状態を想定して算出したものです。風力発電設備の設置業者によっては、売電予想収入や予想利益の詳細を確認できるシミュレーション資料を用意しているため、参考にすると良いでしょう。

預金、投資信託、不動産投資との比較

10%以上の利回りを確保できる小型風力発電は、ローリスク・ハイリターンな投資方法と言えます。

超低金利時代の現在、普通預金の金利は0.001~0.12%、定期預金の金利は0.01~0.25%であり、預金でお金を増やすことは容易ではありません。

投資信託は高い利回りが魅力ですが、ハイリスクである点がデメリットです。運用成績が良いときには分配金を出して、運用成績が思わしくないときには分配金を出さないタイプの投資信託もあります。

不動産投資は物件価格が下落したり、入居者を確保できなかったりするリスクが考えられます。

最初にお伝えしたように、小型風力発電にも懸念されるリスクがありますが、風量や設備・立地条件など、事前に確認してある程度対策しておくことができます。投資を始めるにあたり、知識・経験豊富な専門の業者に確認し、最適な投資プランを提示してもらえば安心です。

おわりに

利回りが良く、人気の高い金融商品や不動産物件もありますが、景気や経済状況の影響を受けるため、継続して収益を上げられるとは限りません。その点、風力発電は環境変化が少なく、確実に利益を確保することができます。ぜひこの機会に風力発電投資を始めてはいかがでしょうか。

スタッフ

この記事を書いてる人

株式会社サンライフ興業 浅井
主に風力発電・太陽光発電の営業と広報を担当しております。
Facebookでも風力発電の様子を公開しております。是非ご覧ください。

PAGE TOP

© 2014,. SUNLIFE-INC All Rights Reserved.