風力発電投資に関するコラム

風力発電ネット
お問い合わせはこちら
03-6264-7360

風力発電投資に関するコラム

column

トップ > コラム > > 太陽光発電と風力発電を比べる!投資するならどちらが...

カテゴリ

太陽光発電と風力発電を比べる!投資するならどちらが有望?

太陽光発電と風力発電

日本の電力事情が変わる中、最近注目を集めている「再生可能エネルギー事業」。主なものとして、太陽光発電と風力発電があり、どちらも投資の対象としても知られています。今回は、太陽光発電と風力発電のどちらが投資先として有望かを調べてみました。

太陽光発電のメリット・デメリット

太陽光発電とは、太陽電池を用いて太陽の光エネルギーを電力に交換する発電方法で、ソーラー発電ともよばれています。自宅の屋根にパネルを設置する例もありますが、ここでは遊休地を借り受けて発電システムを設置する「分譲型」の太陽光発電についてご紹介します。

【メリット】太陽光発電は、少ない手間で投資回収しやすい

太陽光発電のメリットはいくつかあります。まず、初期費用が若干安い点です。風力発電機1基を設置するのに約1,600万円かかりますが、太陽光発電ではソーラーパネルの設置も含めて約1,500万円で済みます。

また、1度設置すればメンテナンスが少ない点もメリットです。設備チェックと防草対策をするだけで、快適に太陽光発電を利用できます。

さらに、太陽光発電は「年間日照時間」を確認すれば、利回りがどれだけなのかを予想できます。その他、温室効果ガスを排出しない点、太陽光発電システムで停電時でも電気を供給できる点など、さまざまなメリットがあるのが太陽光発電です。

【デメリット】広い土地が必要です

太陽光発電でエネルギーを生み出すには、太陽光パネルを並べることが必要です。この太陽光パネルを並べるために、300坪(約990平方メートル)の敷地が求められます。そして近隣が住宅地の場合、十分な話し合いをしないとトラブルに発展する恐れがあります。事前に説明会を開くなど、理解を得るための対策が必要です。

また、再生可能エネルギー事業では、余ったエネルギーを電気事業者へ売却できます。国から指定されている「固定価格買取制度」によると、2016年度で事業用太陽光発電(10kw以上)は1kwあたり24円+税です。太陽光発電の固定買取価格は年々下がっているため、投資の際にはきちんと確認しましょう。

風力発電のメリット・デメリット

風力発電とは、風車を用いて風の運動エネルギーを電力に交換する発電方法です。風車は、風量がある程度見込める陸地や海上に設置されています。今回は、投資でよく登場する「小型風力発電」についてご案内します。

【メリット】風力発電は、昼夜問わず発電可能

風が吹けば発電できるため、風力発電は日照時間に関係なくエネルギーを生み出せます。また、風力発電は比較的狭い土地であっても運用可能です。40坪(約132平方メートル)あれば十分であり、支柱1本分の面積から再生可能エネルギー事業を始められるのが魅力といえます。

また、風力発電の固定価格買取制度によると、20kw未満の小型風力発電であれば1kwあたり55円(税抜き)で余ったエネルギーを売却できます(FIT55円)。これは太陽光発電の2倍以上の売電価格であり、風が吹くほど投資金額の回収が見込めるでしょう。

【デメリット】十分なメンテナンスが必要です

風力発電では「台風や吹雪の場合、稼動できない恐れがある」といわれています。また、強風により支柱や羽根が壊れてしまうことも考えられるため、災害時には状況をその都度確認することが必要です。なお、専門の業者に依頼すれば、自然災害時に限らず日頃からメンテナンスを任せることができ、安心かつ確実です。

その他、「騒音問題で近隣住民とトラブルにならないか?」「風力発電の利回りは年間でどれぐらいなのか?」などの疑問も投資を決める前に必ず解消しておきましょう。おすすめは専門業者に相談することです。

結論:風力発電がやや優勢か

風力発電がやや優勢

ここまで太陽光発電と風力発電のメリットとデメリットをそれぞれ見てきました。どちらも一長一短ではありますが、全体的に投資先として魅力的であるといえます。

ただ、昼夜を問わず風さえ吹いていれば発電でき、固定価格買取制度で太陽光よりも買値が高く設定されている風力発電の方が、現時点で優勢といえるのではないでしょうか。今後のことは確定していませんが、現時点で出力抑制の恐れがないことも魅力です。

おわりに

今回は、太陽光発電と風力発電のどちらが投資先として有望かをみました。どちらも環境に優しい再生可能エネルギー事業ですが、それぞれメリット・デメリットがあります。現時点では風力発電に分があるといえますが、いずれにせよきちんと投資先の利回りを確認して、長期にわたって賢く資産運用しましょう。


スタッフ

この記事を書いてる人

株式会社サンライフ興業 浅井
主に風力発電・太陽光発電の営業と広報を担当しております。
Facebookでも風力発電の様子を公開しております。是非ご覧ください。

PAGE TOP

© 2014,. SUNLIFE-INC All Rights Reserved.