風力発電投資に関するコラム

風力発電ネット
お問い合わせはこちら
03-6264-7360

風力発電投資に関するコラム

column

トップ > コラム


金融公庫の融資

風力発電もOK!金融公庫「環境・エネルギー対策資金」の融資とは

「環境・エネルギー対策資金」という制度をご存じでしょうか?再生可能エネルギー事業では、国や自治体からさまざまな支援を受けることができます。今回は、国からの支援の1つである「環境・エネルギー対策資金の融資」についてご紹介します。

続きはこちら


不動産投資より小型風力発電

収益、安定...不動産投資より小型風力発電をおすすめする4つの理由

物件のオーナーとなって不労所得を狙う「不動産投資」と、再生可能エネルギー事業の中でも投資を始めやすい「小型風力発電」。収益や安定を考えると、不動産投資よりも小型風力発電のほうがお得かもしれません。

今回は、不動産投資より小型風力発電をおすすめする4つの理由をご案内します。

続きはこちら


強風耐性と対策

台風、吹雪...気になる小型風力発電の強風耐性と対策

風が強くなるほど多大なエネルギーを生み出す、風力発電。ところで、小型風力発電はどれほどの強風に耐えられるのでしょうか?

今回は「小型風力発電の強風耐性と対策」についてご紹介します。

続きはこちら


山漁村再生可能エネルギー法

【日本】風力発電で地方を元気に!農山漁村再生可能エネルギー法とは

これまで、国内で農地を他用途へ転用する場合には国や都道府県の許可が必要で、特に水田として使われている土地の場合は、転用に際し大幅な制限がありました。しかし、「農山漁村再生可能エネルギー法」の施行によって、農地転用に対する規制が緩和されたことから、風力発電をはじめとする再生可能エネルギー施設を設置するハードルがぐっと下がりました。今回は、再生可能エネルギーの普及に伴って地域振興の活性化も期待できる「農山漁村再生可能エネルギー法」についてご紹介します。

続きはこちら


風力発電機の仕組み

どれくらい風が必要?風速に上限なし?風力発電機の仕組みとは

風力発電の施設をご覧になったことはありますか?風力発電は、風を受けたブレード(羽)が回転して発電機を稼働させ、電気を生み出しています。今回は、投資におすすめの小型風力発電にフォーカスして、発電機の稼働に必要な風力や発電機の仕組みに関する基礎知識をご案内します。

続きはこちら


土地付き風力発電への投資

何が魅力?土地付き風力発電への投資をおすすめする理由

最近、再生可能エネルギーによる電力発電、中でも小型風力発電への注目が高まっています。このコラムを読まれている方の中にも、小型風力発電への投資を検討中の方がいらっしゃるのではないでしょうか。各社からさまざまなプランが出ていますが、今回は「土地付き風力発電」プランがもつ魅力をご紹介します。

続きはこちら


株式投資と風力発電

投資を考えるなら?株式と風力発電のメリット・デメリットを比較

企業の業績によって収益が得られる「株式投資」と、再生可能エネルギー事業の1つである「風力発電投資」なら、どちらの方が投資に向いているのでしょうか。今回は、株式投資と風力発電のメリット・デメリットを比較してご紹介します。

続きはこちら


国債と小型風力発電の利回り

長期的視点が肝心!国債と小型風力発電の利回りをチェック!

国庫債券の略称である「国債」と、再生可能エネルギーの1つである「小型風力発電」は、長期的に見てどちらが投資先としてお得なのでしょうか。今回は「国債と小型風力発電の利回り」についてご紹介します。

続きはこちら


小型風力発電の低周波音

小型風力発電の低周波音はどの程度?気になる騒音の話

立地条件にあまり左右されず、生み出したエネルギーを高値で売却できる小型風力発電。長期間の買取制度が整っているため、価格変動のリスクは他の投資よりも圧倒的に少なく、最近は投資先として注目度が高まってきました。

風力発電に限らず、こういった設備には騒音を懸念される向きもあることでしょう。そこで今回は小型風力発電で生じる騒音、中でも低周波音についてご案内します。

続きはこちら


風力発電への影響

電力自由化とは?風力発電への影響など今後の見通しをご案内

2016年に、電力小売りの全面自由化がスタートしました。これにより、大規模事業者や大型小売店にのみ認められていた電力事業者の自由選択が、一般家庭でも可能になりました。

しかし、この電力自由化が、小型風力発電への投資にどのような影響を及ぼすかについては、まだ詳しくご存じない方もいるかもしれません。

今回は、小型風力発電などの再生可能エネルギーへの投資に「電力自由化」が及ぼす影響や今後の見通しについてご紹介します。

続きはこちら


株式、FXなど投資の儲けに税金

株式、FXなど投資の儲けに税金がかかる?確定申告が必要なときとは

資産運用を行って利益が生じた場合、どれほどの税金がかかるのでしょうか?また、どのようなケースで確定申告が必要となるのか、ご存じでしょうか。今回は「株式、FXなど投資の儲けにかかる税金と、確定申告が必要なとき」についてご案内します。

続きはこちら


太陽光発電と風力発電

太陽光発電と風力発電を比べる!投資するならどちらが有望?

日本の電力事情が変わる中、最近注目を集めている「再生可能エネルギー事業」。主なものとして、太陽光発電と風力発電があり、どちらも投資の対象としても知られています。今回は、太陽光発電と風力発電のどちらが投資先として有望かを調べてみました。

続きはこちら


40代から始める賢い資産運用

40代から始める賢い資産運用。おすすめ投資まとめ

働き盛りの40代。仕事ではある程度のポジションを確立し、その方にもよりますが、結婚や子供の誕生、昇進などライフイベントを迎えてこられたことでしょう。毎日が充実している一方、ふと思うのは自身の老後や家族の暮らしのこと。先行き不透明な現代において、今後の生活をより豊かにするために、資産運用を検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、40代から始めるおすすめ投資についてご紹介します。

続きはこちら


オランダの風力発電

【オランダの風力発電】世界初、100%風力エネルギーで列車運行

日本国内で、風力発電を使った事業などに関するニュースを聞く機会が増えていますが、世界に目を広げてみると、風力エネルギーがビジネスで有効活用されていて、既に日本の数歩先を行っていることが分かるでしょう。

今回は、風力発電を積極的に利用した最新のビジネスモデルについてご紹介します。中世の時代から風車を利用し続けてきたヨーロッパならではの発想ともいえますが、季節風が吹く日本でも、参考にできるポイントは多くあるはずです。

続きはこちら


風力発電の風車4タイプ

サボニウス型、プロペラ型...風力発電の風車4タイプをご紹介!

小型風力発電に欠かせないものといえば、電気を起こすための風車でしょう。一般的には、大規模な風力発電所にも設置されている、3枚のプロペラが回転し発電するタイプがよく知られています。

しかし、それ以外にも風力発電機関として用いられている風車は、多数存在するのです。そこで今回は、世界中で役立てられている風車の種類や、特徴についてご紹介します。

続きはこちら


風力発電の出力抑制

風力発電の出力抑制とは?投資活動にどう影響する?

電力会社には、再生可能エネルギーで発電した電気を買い取ることを制限する「出力抑制」という制度があります。投資対象として有望な風力発電ですが、20kW以上の風力発電は720時間/年の出力抑制が行われる可能性があります。

20kW未満の小型風力発電は、当分は出力抑制対象外とされていますが、今後も出力抑制を受ける可能性がないとはいい切れません。投資が売電によって成り立っている以上、売電が供給過多になりバランスが崩れると売電そのものが制限される可能性がある、という事情を覚えておきましょう。

続きはこちら


風力発電への投資で受けられる優遇税制や助成金

節税対策の1つ、風力発電への投資で受けられる優遇や助成金

化石燃料などのエネルギー資源の多くを海外から輸入する日本は、エネルギーリスクを分散するため、再生可能エネルギーの普及を進めています。風力発電は再生可能エネルギーの中で最も有望なエネルギーの1つです。20kW未満の小型風力発電では、国の「固定価格買取制度(FIT55円)」により、20年間にわたり55円(税抜)/kWhで売電できます(2016年度に設備認定を受けた場合)。

風力発電をはじめとする再生可能エネルギー導入にあたり、税制面での優遇措置や自治体からの補助金・助成金を受けられることをご存じでしょうか。今回は風力発電への投資で受けられる優遇税制や助成金についてご紹介します。

続きはこちら


会社員の副業

副業で高収入!小型風力発電への投資をすすめる3つの理由

最近、サラリーマンの副業を認める企業も増えているようです。本業だけでは十分な収入を得られていないと感じている方の中には、副業を考えている方も多いでしょう。副業には、さまざまな種類がありますが、中でも再生可能エネルギーの投資に注目が集まっています。

そこで今回は、小型風力発電への投資をおすすめする3つの理由についてご紹介します。

続きはこちら


風力発電投資はローリスク・ハイリターン

風力発電投資はローリスク・ハイリターン?何年で元が取れる?

手堅い投資方法の1つとされる風力発電ですが、実際はどれほどの費用対効果が得られるのでしょうか。風力発電に関心を持っていても、設置した発電機の場所に風が吹かなくなったり、自然災害が起こったりするリスクを心配される方もいます。

今回は風力発電投資がローリスク・ハイリターンと言えるのか、投資費用を回収するまでにどの程度の期間を必要とするのかを見ていきます。

続きはこちら


小型風力発電の導入の申請手続き

任せて安心!小型風力発電の導入に必要な条件と申請手続き

地球環境に優しい風力発電などの再生可能エネルギーは、投資対象としても人気上昇中です。その大きな理由に「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」があります。これは、「再生可能エネルギーで発電した電気を、電力会社が一定価格で買い取る」ことを国が約束する制度です。

特に小型風力発電と呼ばれる出力20kW未満のものは、導入が比較的簡単で初期投資も高額でないため、投資に関して初心者でも始めやすいと言えます。ここでは、出力20kW未満の小型風力発電の導入に必要な条件や、申請手続きの流れについてご紹介します。

続きはこちら


投資の基本用語

利回りとは?初心者がまず押さえたい投資の基本用語5選

現在、一言で投資といっても株式やFX、不動産や発電システムなどさまざまな種類があります。その中でも初心者の方に向いているものは、比較的リスクが少なくコツコツと利益を増やしていくタイプです。また、投資を始めるためにはいくつかの投資用語を理解しておく必要があります。

今回は投資初心者の方にまず押さえていただきたい5つの基本用語をご紹介します。

続きはこちら


投資の種類いろいろ

超低金利時代でも高利回りで稼げる?投資の種類いろいろ

現在はさまざまな金融商品がありますが、近年注目されているのが、再生可能エネルギー(自然エネルギー)に対する投資です。

史上初のマイナス金利が登場するなど、超低金利と呼ばれる時代ですが、果たして投資に高利回りを期待できるのでしょうか。

続きはこちら


風力発電機の解体・撤去費用

誰が負担?風力発電機のメンテナンス・解体・撤去費用

風力発電投資は、建設・設置に費用を掛けたあと、長期的に少しずつリターンを得る投資方法です。24時間働き続ける発動機の故障を避けるためには、定期的なメンテナンスが欠かせません。

投資を成功へ導くには、いかにコストを抑えて運用していくかがカギになります。それでは、発電機に必要なメンテナンスとはどのようなものでしょうか。ここでは、風力発電機のメンテナンスや費用について詳しく見ていきます。

続きはこちら


風力発電機の設置場所に青森県をおすすめする

風力発電機の設置場所に青森県をおすすめする3つの理由

風力発電は風を利用して発電できる画期的な発電方法です。風力発電を設置して効率良く発電するためには、いくつかの条件を満たした場所である必要があります。

現在、青森県や秋田県などの東北地方が、条件を満たす絶好の設置場所として注目されています。特に青森県は日本国内で風力発電機が最も多く設置されている県として有名です。

今回は、風力発電の設置場所に青森県が選ばれる理由を3つご紹介します。

続きはこちら


家庭用・産業用・洋上風力発電の特徴

家庭用・産業用・洋上風力発電の特徴とメリット・デメリットまとめ

風力発電は規模や目的により、陸上で発電する「家庭用風力発電」「産業用風力発電」と、「洋上風力発電」に分類され、それぞれにメリットとデメリットがあります。今回は、この3つの風力発電がどのようなものか、比較しながらご紹介します。

続きはこちら


グリーン投資減税

グリーン投資減税の代わり?生産性向上設備投資促進税制とは

中小企業や個人事業者に多い悩みとして設備導入が挙げられます。資金繰りが順調であれば比較的しやすくても、不透明な経済状況では設備導入も簡単には進まないというのが現状ではないでしょうか。

しかし、そのような企業を救うための減税制度があります。グリーン投資減税や生産性向上設備投資促進税制は、新たな設備投資を行おうと検討している企業にとって、大変利便性の高い減税制度です。これらの減税制度について、もう少し詳しく見ていきましょう。

続きはこちら


小型風力発電の固定価格買取制度 FIT55円

小型風力発電の固定価格買取制度 FIT55円とは?

今、太陽光や風力を始めとした自然エネルギーが、地球環境を消費する化石燃料資源に代わるものとして注目されています。これらの自然エネルギーは、再生可能で資源が枯渇する恐れもなく、将来的に発電し続けることが可能な発電方法です。

この再生可能エネルギーを推進するため、日本では2012年7月から再生可能エネルギーの固定価格買取制度がスタートしました。これは、「再生可能エネルギーで発電した電気を電力会社が一定価格で買い取る」ことを国が約束する制度です。

中でも小型風力発電システムによる電力の買取価格を1kWhあたり55円とする「FIT55円」が注目されています。

続きはこちら


風力発電投資を検討

風力発電投資を検討中なら注目!リスク保証と保守点検の厚さ

風のエネルギーを電気エネルギーに変える風力発電。日本は欧米諸国と比較して導入が遅れているものの、2000年以降は導入件数が急増して、2011年度末で1,870基、累積設備容量は255.6万kWまで増加しています(経済産業省資源エネルギー庁発表)。

コスト面から見ても将来性が期待できる風力発電ですが、この風力発電へ投資する場合、どのような点に気をつけねばならないのか、リスクと保証および保守点検の信頼性について考えます。

続きはこちら


発電方法や発電機の仕組み

風力発電とは?発電方法や発電機の仕組みを解説

最近は風力発電のような自然エネルギーに対する関心が高まり、テレビや新聞、インターネットのニュースサイトで取り上げられる機会も増えています。しかし、どのように電気を生み出すのかご存じでしょうか。今回は風力発電の発電方法や発電機の仕組みについて解説します。

続きはこちら


発電コストや発電量を比較

太陽光・風力・水力・バイオマス...発電コストや発電量を比較

世界で増加し続けるエネルギー消費のうち、石油、石炭、天然ガスなどの化石燃料資源を利用した発電量が占める割合は8割を超え、二酸化炭素の増加やPM2.5の発生など環境問題への影響が懸念されています。

このような背景から脚光を浴びているのが、太陽光・風力・水力・バイオマスなどの再生可能エネルギーです。ここでは「自然エネルギー」とも呼ばれる再生可能エネルギーの発電コストと発電量をご紹介します。

続きはこちら


スタッフ

この記事を書いてる人

株式会社サンライフ興業 浅井
主に風力発電・太陽光発電の営業と広報を担当しております。
Facebookでも風力発電の様子を公開しております。是非ご覧ください。

PAGE TOP

© 2014,. SUNLIFE-INC All Rights Reserved.